マル・アン・ボワ

編集プロダクション「オフィス・ギア」が綴るフランスDiary
MENU
日本のイベント情報

「印象派を巡る旅2018年夏」開催

2018年は、日仏交流160周年。
皇太子さまが渡仏されたり、香取慎吾さんの個展が始まったりと、フランスのニュースがよく流れてくるこの頃ですが、東京で行われるイベントも要チェックです!

そのひとつ。
この週末(9月22、23日)は、東京ビッグサイトで開催される「ツーリズムEXPOジャパン」に合わせて、フランスブースにて写真展「パリ地方とノルマンディー 小川康博 印象派を巡る旅 2018夏」が開催されます。

一昨日、フランス大使公邸で行われた「日仏間の観光協力に関する覚書署名式」のあとに、小川康博さんご自身による解説で、今回展示される作品についてお話を伺いました。
19世紀後半に誕生した印象派は、アトリエを抜け出して、戸外で絵を描き始めた画家たちです。
その舞台となった、パリ近郊のセーヌ川流域、そしてノルマンディーを訪れながら、そんな印象派の制作スタイルについて、写真家であるご自身とつながる部分を強く感じられたそうです。

今回展示される作品は、印象派画家たちにとってインスピレーションの源となった「光」と「時間」が感じられて、たとえばこちらのジヴェルニーは、まるで絵を観ているような気持ちになる作品ですね。

GIVERNY.jpg
©Paris Region Tourist Board/Yasuhiro Ogawa

ぜひ、旅好きが集まる「ツーリズムEXPO」で、「印象派の旅」の作品の全貌をご覧ください!












アート

ルーヴル別館と北フランスの地方が日本のブランドとコラボ

北フランスの「パ・ド・カレ地方」を知っていますか?
海峡をはさんでイギリスと向かい合う地方で、ユーロトンネルが開通するまでは、フランスの海の玄関でもありました。

2012年、この地方にあるランスLensという町に、ルーヴル美術館の別館が誕生しました。
設計したのは、SANAA。妹島和世さんと西沢立衛さんによる建築家ユニットです。
このルーヴル美術館ランス別館と周辺地域(Autour du Louvre-Lens=略してALL)が、創業20周年を迎えた日本のファッションブランド「pas de calais(パドカレ)」とコラボレーションを企画とのことで、記者会見に行ってきました。
パ・ド・カレ地方観光局、ALL代表の方、またSANAAのおふたりによるお話もうかがえて、北フランスってこんなところだったんだ!と、知られざる魅力に触れるひとときとなりました。

ルーヴル美術館ランス別館3

こちらがルーヴル美術館ランス別館。
この地方の自然や風景と調和することを第一に考えて、平屋になっています。
SANAAのおふたりのお話では、土地の起伏をそのままいかして建てられ、展示室の床が斜めになっていたりするんですって。
土地や歴史へのリスペクトあってこその建築なのですね。
もうひとつ心に残ったのは、この地方の「光」のお話。
このあたりでは、真夏を除いて太陽光線が低く、水平に入ってくるそうです。
フェルメールの作品にあるようなindirectな光に包まれた美術館…と、例えを聞いただけで行きたくなってしまいました。

LensLouvre1

ルーヴル美術館ランス別館の常設展示室。
パリのルーヴル本館では、古代ギリシア、イタリアルネッサンスなどと、地域や部門別に作品が展示されていますが、ランスの常設展示室は「時のギャラリー」と名付けられ、時系列に展示されています。同時代の作品を並列で観ると、また違ったアート体験ができそうですね。
 
Collaboration1 c JM Andre  © JM. Andre
 
pas de calaisブランドの由来となったパ・ド・カレ地方は、かつて炭鉱業で栄えた場所。その鉱業盆地はユネスコの世界遺産に登録されています。
今回のコラボレーションでは、石炭を彷彿とさせる炭染めや、パ・ド・カレ地方の風景写真をプリントしたものなどで、「身に纏うアート」が表現されているそうです。
淡いグレーのストールは、とてもシックで美術館の雰囲気にもぴったり。

Pasdecalais1.jpg

コラボレーション商品の発売を記念して、2018年3月より、pas de calais のショップを構えている6箇所でポップアップストアおよびプレゼンテーションを行うとのことです(写真は東京ミッドタウン店)。

各店のスケージュールは以下のとおり(終了したものもあります)。
3/14(水)-3/20(火) 札幌大丸1F
3/21(水)-3/27(火) 大阪髙島屋
3/28(水)-4/8(日) 東京ミッドタウン
4/4(水)-4/10(火) 立川グランデュオ・神戸大丸
4/13(金)-4/22(日) 玉川髙島屋1Fイベントスペース

お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

パリ

パリの空港が<グルメスポット>に!

パリ空港の新コンセプト記者発表会に行ってきました。
場所は銀座、有名シェフ、ティエリー・マルクスさんのお店「ビストロマルクス」。
昨年6丁目にオープンした商業施設「銀座シックス」の中にあります。

ADP04

ティエリー・マルクスさん自身と空港の代表の方が緊急来日され、発表された内容とは、

『パリのシャルル・ド・ゴール空港が<グルメ空港>になる」
ということ。

今も2つ星シェフ、ギイ・マルタンのレストランがありますが、4月にはティエリーさんの店がターミナル1にオープン、その後も星つきシェフの店が続々とオープンするそうです。

ちなみにティエリーさんのお店の名前は「Teppan」。

ということで、鉄板料理のデモンストレーションがありました。

ADP02

ADP03 

こちらが7分で完成した鉄板料理。
鉄板で焼いただけなのに、完璧にフランス料理になっていますねー
デザートは、鉄板で焼いたブリオッシュとリンゴにアイスクリームを添えたもの。
こちらも7分でできあがりました。

空港では時間の余裕はあまりないはず。
短時間でできる鉄板料理は確かに向いているかもしれませんね。

ADP01

パリ最後の美食のひとときを、空港で堪能されてはいかがでしょう。





パリ

エッフェル塔の高さ?

土産物屋エッフェル塔IMG_6881

モンマルトルの土産物屋で6ユーロで売っているエッフェル塔

パリのシンボル、エッフェル塔が11月1日に料金改定をしました。
これは既に始まっている改修工事の費用をまかなうためということで、
当初は2018年1月の予定が、2カ月繰り上げて実施されたようです。

気になる金額の方は、17ユーロから25ユーロへの大幅値上げ(大人料金)!
しかしよく見ると、4〜11歳の料金は8.50ユーロが4.80ユーロに値下がり、
12〜24歳の料金も2ユーロ値下がりしているので(いずれも最上階までの入場料)
家族連れや若者に配慮した料金改定のようです。
年々物価の上がる一方の世の中で、こうした値下げはとても珍しいですね。

目下世界一のドバイのタワーも料金改定されるようなので、
この機会に、有名タワーの高さと値段をざっくり比べてみました。
(1EUR≒133.18円、1AED≒30.65円で換算。12月14日現在)

  • 世界で最も高いドバイのブルジュ・ハリファ(828m)500AED(≒15,420円)
  • 世界2位の我らが電波塔、東京スカイツリー(634m)3,600円
  • 世界遺産のセーヌ河岸を見渡すエッフェル塔(276m)25EUR(≒3,330円)

100mあたりの値段比較(円)
  1. ブルジュ・ハリファ 1862円
  2. エッフェル塔 1206円 
  3. 東京スカイツリー 567円

スカイツリーもブルジュ・ハリファも日時によって料金が変動するシステムなので
日時指定で最も高い料金で予約した場合としました。
エッフェル塔は日時指定しても同一料金です。

そもそもの高さが違うとはいえ、単純に比べてみると
エッフェル塔がずば抜けて高額というわけではなさそうです。
安全安心のための改修費だから仕方なし、というところでしょうか。

それにしても、スカイツリーの入場料は安いんですね。
群雄割拠するタワー業界では堅実な料金設定でオトク(?)と言えるかもしれません。
期せずして、パリを思って東京を再発見する結果となりました。

冬時間になり、エッフェル塔の夜のライトアップが映える季節になりました。
パリ旅行の際は、定時のシャンパンフラッシュは是非見に行ってくださいね。



映画

フランスが舞台の映画、この秋公開されるのは

学習院大学で開かれている、社会人向けの講座「さくらアカデミー」で、講師のお手伝いをしてきました。「世界遺産」を軸に、10年以上前から続いている講座です。
今回のメインテーマは「地中海」。
南仏における古代ローマの遺跡について話しましたが、スタジアムの形とか、2000年前に造られ、今に続いているものも多いですね。
「地中海」は本当に深いテーマなので、第二弾があってもよいのでは、と感じました。

http://g-sakura-academy.jp/

配布資料に加えられればと、bunkamuraへ映画のチラシを探しにいったら、フランス関係のものがいっぱい! この秋は、特にアートがらみの作品がとっても充実しています。

cinie1015


まず昨日初日を迎えた『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』。
昨年世界遺産に登録されたル・コルビュジエの作品群のなかのひとつ、「休暇小屋 Cabanon de Le Corbusier」のすぐ隣にある邸宅「E.1027」が舞台です。
「E.1027」は、女性デザイナー、アイリーン・グレイが設計したものですが、ル・コルビュジエ作と思われていたそう。その訳は? 

http://www.transformer.co.jp/m/lecorbusier.eileen/

予告編をみると、実際のE.1027もロケに使われているような・・・
本当に素敵な場所に建っているので、次の旅先候補に強力オススメです。

E1027

このほか、
パリのロダン美術館全面協力のもと制作された
『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』

http://rodin100.com/

あと、気になっているのが、実写を「油絵化」(!)という
『ゴッホ〜最期の手紙』
予告編のイメージを見ただけでびっくり。
自画像が、ガシェ博士が、動きます!

http://www.gogh-movie.jp/

1週間限定ですが、「ロシュフォールの恋人たち 製作50周年!企画」で上映される
「シネマ・アンシャンテ ジャック・ドゥミ+ミッシェル・ルグラン」を観れば、
大ヒット作『ラ・ラ・ランド』が、ドゥミへのオマージュと感じられることでしょう。

http://www.unitedcinemas.jp/yebisu/index.html

秋のひととき、フランスを舞台にした映画の世界に浸ってみてはいかがでしょう。